翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・56話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 前回のあらすじ

クロエとアルフォンスのイチャイチャ回でした!(おおざっぱ)

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
公爵夫人 クロエ
人間関係をお茶で解決することができるスキル保持者
ロックウッド
ロックウッド
真面目な侍女
半年前に結婚して幸せいっぱいのはずですが…

公爵夫人の50のお茶レシピ 56話ネタバレ

侍女のロックウッドが遅刻してきました。

いつもは遅刻しないので、何か起こっているのではないかとクロエは考えます。

最近顔色も悪いです。

何か気になることがあるなら、話してみて。力になれるかもしれないわ。

クロエは親身に相談に乗ります。

ロックウッドは恋愛結婚したのですが、家格の違いから義父母に快く思われていませんでした。
何とか気に入ってもらおうと頑張りましたが、結婚して半年が過ぎても義父母との関係は進展がないままです。

ロックウッド
義父はお酒が好きなので、郊外まで買いに行ったんです。
でも既に持っているものばかりだったので、喜んでもらえなくて…。
クロエ
それで高級なお酒が好きで、今はお茶にも興味があると…。
ねぇ。お義父様はカクテルは好きかしら。
ロックウッド
え…?あ、はい。カクテルも好きです。
でも義父は流行りものが好きなので、普通のカクテルには興味を示しません。
クロエ
それはいいわ。ティーカクテルって聞いたことある?
紅茶はアルコールと組み合わせても、素晴らしい飲み物を作ることができるのよ。

クロエはティーカクテルの作り方をロックウッドに丁寧に教えてあげます。

レシピとしてはとても簡単なので、ロックウッド夫人も作ることができそうです。

ロックウッドは感激します。

そして二人は、出来上がったティーカクテルを飲んでみます。

ロックウッド
ジンの香りとアールグレイの香りが合わさって、とってもいい。
甘すぎないし、さっぱりとしているわ。
クロエ
驚くのはまだ早いわ。
お義父様はフルーツも好き?
ロックウッド
ええ、イチゴが好きですね。
クロエ
イチゴ?じゃあこれできまりね。
ルイボス・ストロベリー・モヒート!

ルイボスストロベリーモヒートは、紅茶ではなくルイボスティーを使います。

クロエ
ルイボスを淹れて少し蒸してイチゴ、ミント、シロップを混ぜ合わせる。
それにライムを加えて、冷やしたルイボスティーとラム酒を混ぜるの。
最後に砕いた氷とソーダを入れて出来上がり!
ロックウッド
本当にシンプルな作り方ですね。

さっそくこちらも試飲してみます。

ロックウッド
こんなすごい飲み物初めてです!!
クロエ
良かったわ。
アールグレイとルイボスティーの茶葉をあげるわ。
がんばってね。

クロエの心遣いにロックウッドは感極まります。

ロックウッド
ありがとうございます。
御恩は決して忘れません!

そしてロックウッドは、ティーカクテルを義父母に振舞い、大好評!
義父母との関係も良好になったとのことです。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

なんだか美味しんぼ的な展開…!(古い)

美味しんぼ 1巻 | 作:雁屋哲 画:花咲アキラ | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan
美味しんぼ 1巻。無料本・試し読みあり!東西新聞文化部に配属された新入社員・栗田ゆう子は、希望あふれる出社初日から、憧れの新聞社にも山岡士郎のような無神経でぐうたらな先輩が居ることに驚かされる。だが文化部全員が受けた味覚テストに合格し、...まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売...

義実家に気に入られようとあれこれ頑張るロックウッドさん健気ですね!
家格の違いで見下すような義父母に優しくしてあげる必要なんてないのに!

なーんて思ってしまいました。

アルフォンスの父母は亡くなっているため、クロエは舅・姑との確執はないのですが、
もし生きていたら舅からは冷たくされていたでしょうね…。

タイトルとURLをコピーしました