翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・109話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 前回のあらすじ

女王を納得させる美しいお茶を出したクロエ。

女王の下で働かないかと破格の条件を提示されます。

 

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
公爵夫人 クロエ
お金よりもやりがい重視
アルフォンス
公爵 アルフォンス
妻が行くところにはどこまでもついていく
アーサー皇子
皇子
昔振ったクロエを好きだと気づく

公爵夫人の50のお茶レシピ 109話ネタバレ

女王
あなたのように輝く人を何があっても手に入れる。
それが私にとって人生の喜びであり生きる意味でもある。
クロエ
私に女王陛下のコレクションの一部になれと?
女王
その通り。
クロエ
光栄なことですが、お受けできません。

クロエに断られて女王は驚愕します。

女性への偏見が強く、政治的にも何をするにも制限がある帝国に留まる理由が女王にはわかりません。

女王
私の下では何だってできるんだぞ。
お茶の文化も確立している。
それでもこの申し出を断るのか?
クロエ
わかってます。
きっと帝国では簡単なことではないでしょう。
それでも私は自分の仕事をしたいです。
女王のお誘いはとても魅力的です。
でも、たとえ難しくてもここでの仕事が好きです。
やりたいことがたくさんあるのです。

クロエは、自分のお茶を作っているときにこそ幸せを感じていると女王に説明します。

クロエの言い分に納得する女王。

女王
わかった。
だが、もし考えなおしたらまた連絡をおくれ。
待ってるわ。

公爵夫人の50のお茶レシピ

クロエが女王陛下の申し出を断ったことは、皇帝の耳にまで入っていました。

皇帝は、昼食会でそのことをアルフォンスに尋ねます。

皇帝
女王にフランドルへの引き抜き話があったというのは本当かね?

ええ、本当です。

それを聞いて同席の男性達が、「アルフォンスが妻に働くことを許しているなんて」と軽口をたたきます。

妻が仕事をするのは当然の権利です。
妻の業績と才能を誇りに思ってます。
愛する妻の仕事を邪魔すべきだと??

アルフォンスの静かな怒りを感じ、しどろもどろになる男性達。

皇帝
はっはっはっ!
まぁ、その申し出を断ってくれてよかったよ!
帝国は二人の人材を失うところだった。
公爵夫人がフランドルに行ってしまっては、公爵も一緒に行ってしまうからな。

「ご冗談を」と笑う男性達をよそに、その指摘は正しいと思うアルフォンスでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ

その後クロエは、トリプルスイートの支店を出す準備を急ピッチで進めました。
そしてついにミルトンケインズに支店を出したのです。

社交界では、その支店について話題になっていますが、
もう一つ話題になっていることがありました。

皇太子のアーサーが宮殿内に引きこもっているそうです。
パーティー好きのアーサーが、夜会を断っていることを聞いて、女性たちは心配しています。

公爵夫人の50のお茶レシピ

その頃、アーサーは自室で物思いに耽っていました。

クロエのことを好きだと気づいたアーサー。
しかし、クロエが見つめているのはアルフォンス。

過去にクロエが告白してきたとき、アーサーは軽くあしらいました。

アーサー皇子
俺に告白してきたのは冗談ではなかったんだろう?
あのとき誠実に接していたら、今とは違ったんだろうか…
時間が戻せたらいいのに…

クロエと結ばれた自分を想像しますが、現実にはアルフォンスと仲睦まじいクロエ。
アーサーは嫉妬で憔悴しきっています。

皇帝の誕生日パーティーが開かれ、アーサーはしぶしぶ出席します。

退屈していたところに、クロエとアルフォンスが挨拶をしに来ます。
仲が良い様子を見せつけられたようでイライラするアーサー。

アーサー皇子
全部、お前のせいだ。

様子がおかしいアーサーに気づくクロエ。

アーサー皇子
アルフォンス・バーテンベルク!
決闘だ!!!

突然の決闘の申し込みに騒然とする会場。

アーサー皇子
正々堂々と戦え!
それとも怖気づいて引き下がるか?
クロエ
決闘だなんて、何を仰ってるの?
何か誤解されているのでは?
どうか考え直してください。

クロエは、アーサーとアルフォンスの間に入り仲裁しようとしますが、アーサーには逆効果です。

アーサー皇子
クロエ、お前は俺を馬鹿にしてるのか?

心配しないでください。

クロエ
アルフォンス、もし怪我でもしたら…

かすり傷も負うつもりはありませんよ。
3太刀以内で終わらせましょう。

アルフォンスの発言にますますイラつくアーサー。

アーサーはこの場で決闘を始めようとし…。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

予想はしていましたが、女王の申し出をあっさりと断ったクロエ。

女王のお気に入りのコレクションに入ることには魅力を感じなかった様子です。

アーサーは随分と思いつめてしまい、矛先がアルフォンスに向かってしまいました。

突然の決闘にアルフォンスは…?

タイトルとURLをコピーしました