翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・55話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 前回のあらすじ

クロエがダンスの練習をしていると、部屋にノックをする音が…。

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
公爵夫人 クロエ
ダンスレッスンの特訓中!!
アルフォンス
公爵 アルフォンス
TPOはあまりわきまえていない。
メイナード夫人
先生
貴婦人教育に定評がある。

公爵夫人の50のお茶レシピ 55話ネタバレ

部屋に入ってきたのはアルフォンスでした。

ダンスのテストと聞いて、見学をしに来たのでした。

アルフォンスは、クロエに声をかけます。

リラックスして

クロエ
それは、あなたのほうだわ。

クロエは少々過保護なアルフォンスに対してクスリと笑います。

すっかり二人の世界に入ってしまったクロエ達。

メイナード夫人は咳払いをします。

先生
では、始めましょう。
公爵夫人の男性パートナー役は私が。

待て。
他に男性パートナー役がいないのか。

先生
あ、あの…私が適任だと思いますが

少し怯えて答えます。

アルフォンス

それなら、私がやろう。

アルフォンスの優しい眼差しに、クロエの心は温かくなります。

クロエ
今日はワルツのテストなんです。
テスト中は、手助けしちゃだめですよ。

仰せのままに。

微笑みあう二人。
そして手を取り合い、スタートのポージングをします。

クロエ
どうしてこんなに優しくしてくれるの?
私が妻だから?
それとも仕事のパートナーだから?
どっちでもいいわ。
私はこんなにも幸せな気持ちなのだから。

音楽が流れ出し、二人は軽やかにステップを踏みます。

とても優雅に、二人とも楽しそうに踊ります。

テストはもちろん合格です。

クロエ
やりました!!

クロエはアルフォンスに満面の笑みを向けます。

メイナード夫人がアルフォンスに挨拶をしようとすると、
アルフォンスはクロエをしっかりとハグしキスをしました。

控えていた侍女達やエリー、演奏家もあっけにとられます。
もちろんクロエも驚きます。

クロエ
ア…アルフォンス!
何するんですか!
皆の前ですよ!!!

クロエは目をぐるぐるさせて抗議します。

夫とスキンシップするのが恥ずかしいのですか?

アルフォンスはニヤリと笑います。

クロエ
こ…、こういうのは二人きりのときにすることでしょう!!

クロエは真っ赤になってうつむきます。

ほう、二人きりのとき…?

クロエ
あ…、私ったら何言ってるの!?

ますます墓穴を掘っていくクロエでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ

クロエの部屋に続く廊下を、アルフォンスと二人で歩きます。

クロエ
今度の舞踏会では一緒に踊れますね。

クロエの言葉に目を見開くアルフォンス。

クロエは、以前の舞踏会で自分のせいでアルフォンスが上手に踊れなかったことを気にしていました。

クロエ
あなたと踊りたくて一生懸命練習したんですよ。
これからは、舞踏会に行くたびに踊りましょうね。

クロエは暖かい笑顔でアルフォンスに微笑みます。

想いが溢れそうだ。
今時間が止まってもいい。
そうこれが…幸せなんだ。

アルフォンスは、クロエを抱きしめてキスをします。

クロエはキスされながら、誰もいないことを確認します。
そしてそっと目を閉じてキスを続けるのでした。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

普段は仕事のことばかりのクロエですが、今回はアルフォンスのことも考えた行動でした。
無意識のうちに、アルフォンスのことを大切に思っている証拠ですね。

不意打ちのキスも人前では怒るけど、二人きりのときは怒らないし(笑)

二人のダンスが公開されるのはいつかな?

 

タイトルとURLをコピーしました