翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・24話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 前回のあらすじ

翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・23話のネタバレと感想
厨房の予算やりくりテスト最終日。これをクリアすれば予算管理権が戻ってきます。 しかし注文書を偽造され、夕食に利用できない食材が届き驚くクロエ。 注文先のバークレー食料品店にかけあうも、返品は拒否されてしまいます。このまま諦めるしかないのでしょうか…?

注文書を偽造され窮地に立たされるも、持ち前のアイディアと交渉力で乗り切ったクロエ。
予算管理権を取り戻し、公爵夫人としての権威が戻りつつあります。
これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
予算管理権を取り戻した公爵夫人。
転生後は、割と『目には目を』なタイプ。
時々コナン並みの推理力を発揮する。
ジョセフィーヌ
クロエの侍女。
コリン夫人と一緒にクロエをいじめていた。
形成不利と見るや、土下座してクロエに許しを請う。
コリン夫人
熱烈なアンチ・クロエ。
クロエを追い落とすことに執念を燃やす。
形成が不利ながらも、絶対にクロエに擦り寄らないのは、ある意味立派?

公爵夫人の50のお茶レシピ 24話ネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ
私じゃありません、奥様!
注文書をすり替えたりなんかしてません!!

無実を訴えるジョセフィーヌ。
注文書を偽造したのは、ジョセフィーヌではないかとクロエは疑っています。

バーデンベルグ家の印章が押してあったため、容疑者は二人。
注文書を書き取ったジョセフィーヌと、注文書をお店に持って行った配達人。
しかし配達人はバーデンベルグ家の従者ではないため、そんなことをする動機がありません。

公爵夫人の50のお茶レシピ

でもジョセフィーヌは動機が十分だわ。
コリン夫人と一緒にクロエをいじめていたもの。
昔のことを許してほしいと言ったけれど、まだ恨んでいたのかも

クロエ

あなたへの最後の命令です。あなたはクビよ。
あなたがしてきたことを考えると、これでも寛大な措置じゃないかしら。
荷物をまとめてすぐに屋敷から出て行きなさい。

クロエ

…仰せのままに。奥様。

こうして、ジョセフィーヌは辞めさせられました。

しかし、なんと注文書を偽装したのは、配達人を買収したコリン夫人だったのです。

クロエを追い落とすチャンスがなくなったとコリン夫人は焦ります。

公爵夫人 お茶レシピ
どうやってでもクロエを奈落に突き落とさなければ。
私は落とされるわけにはいかない!!

公爵夫人 お茶レシピ

部屋で侍女のマリーとニーナに髪をとかしてもらうクロエ。

マリーは北の森にある夏の間も凍ったままの不思議な池のことをクロエに教えます。

最近は暑いので、涼しくてキレイな池はぴったりだと熱心にアピールします。
ていうか、自分が行きたくてたまらなそうな侍女マリー(笑)

ジョセフィーヌを首にしたことで、しばらくマリーとニーナは落ち込んでいました。
ニーナも池に行きたそうです。

公爵夫人 お茶レシピ
アメとムチは人を使う上では必要だけど、もうムチは使ったから今度はアメが必要な番ね。

クロエは、次の日にコリン夫人も誘い森へピクニックに行くことに決めました。

しかし、これはコリン夫人の罠だったのです。
マリーに北の森のことを教えたのはコリン夫人でした。
しかし危険なことを伝えていませんでした。
実は、池には毒ガエルが住んでおり、噛まれたら全身が酷い皮膚病になります。

公爵夫人 お茶レシピ
クロエが噛まれて、二度と見れない顔になるのも一興。
侍女をそんな危険な場所に連れて行ったことで、クロエの責任問題にも発展するだろう

コリン夫人は、自分がピクニックについて行けないように「家に急用ができた」と屋敷を離れました。

公爵夫人 お茶レシピ

次の日はよく晴れて、ピクニック日和です。
クロエ達は北の森に向かいます。

そこへ、騎士団の3人組が現れました。
クロエ達が北の森に行くと聞いてびっくりします。
森には、野生の獣もいて非常に危険だとクロエ達に伝えます。

震えるマリーを見て、クロエは考えます。

公爵夫人 お茶レシピ
マリーは危険を知っていてわざと勧めた…?
でも危険を承知で一緒に来るのはおかしい。
ジョセフィーヌがクビにされたのを見て、そんなことをするとも思えない。
公爵夫人 お茶レシピ

むしろ一番怪しいのはコリン夫人。
注文書偽装も彼女だとすれば理に適う。
恨みを抱いている私にだけでなく、関係ない侍女たちも巻き込むなんて!

エリーは「どう責任とればいいのか…」と震え、
ニーナもピクニックがキャンセルになりそうで少しがっかりしています。

そこで「奥様がお望みなら、星すら取ってきますよ!!」という騎士団にお願いし、
クロエ達は、騎士団本部に寄らせてもらうことになりました。

管理人の感想

やっぱりコリン夫人でしたね。
そして、予算管理権が戻ってきたクロエが人事権発動したのはジョセフィーヌが第一号となりました。
濡れ衣着せられたジョセフィーヌはそのままクビになってしまうという少し衝撃的展開です。
動機はどうあれ、クロエに仕えようとしたのは間違いないから少しがかわいそうな気がします。

でも泣いて土下座したからといって、過去の罪がなかったことになるわけではないですしね。
土下座のときに、そもそもクロエはクビにしたかったくらいだし。
「最大限利用してやる」と21話でクロエは思っていましたが、本当に利用しただけでした…。
他の2人はどうなるかな?

そして、コリン夫人の追撃が「そこまでやる~?」というくらい執拗です。
もう、そこまでクロエを追い詰めなくてもコリン夫人に影響なんて皆無じゃ…と思いますが、過去のトラウマから脱却できないのでしょう。
しかし騎士団トリオのおかげで回避できました。次回は騎士団本部へご訪問です♪

タイトルとURLをコピーしました