翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・25話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

前回のあらすじ

コリン夫人の策略で、危険な北の森の池にピクニックに行こうとしたクロエと侍女二人。
偶然通りかかった騎士団のおかげで危険を回避します。
ピクニックの代わりに、騎士団本部へ行くことになり…。

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
笑顔が素敵な公爵夫人。
お茶を振舞うことで着実に仲間を増やしていく。
騎士団3人組
仲良し3人組。
お茶を振舞われて以来クロエのファン。
クロエのためなら、星すら手にいれてくるらしい。
騎士団団長
訓練の鬼。めっちゃ厳しい。
後ろからもわかる眼光。
自由奔放な部下たちに頭を悩ませている

前回のあらすじ

訓練を休憩している騎士たちの元へ、

50のお茶レシピ

こちらは我らのバーデンベルグ夫人だ!!

とジェイコブ達が得意気に紹介。
クロエは少し恥ずかしそうです。

騎士たちは、クロエに最大級の敬礼をし、
今まで騎士団本部を訪ねたことがなかったクロエは感動します。

クロエ

こんにちは、クロエ バーデンベルグです
いつも公爵家を守ってくださっていることに感謝しています。

と挨拶

貴族に感謝なんかされたこをがないと騎士達はクロエの笑顔を見て
「奥様は天使だ!!」と大興奮です。

すっかりクロエと騎士たちは打ち解けました。

侍女のマリーとニーナは、クロエと騎士たちとの仲の良さに驚いています。

そこへ

クロエ

何の騒ぎだ!
ジェイコブ バルト カイン 訓練をさぼってどこに行ってたんだ!!

クロエ

こんにちは 団長
クロエバーデンベルグです。
突然来て申し訳ありません。

訓練を中断させてしまいました。

クロエ
いえ、そんなことはありません。
私の部下が侯爵夫人にご迷惑をおかけしているようで申し訳ありません。
クロエ
そんなことないわ!
みんなとっても親切にしてくれて、楽しく過ごさせてもらっています。

団長は、クロエに話があると建物内へ案内します。

公爵夫人 50 お茶レシピ

団長は、先日ジェイコブ達3人が、クロエにお茶をごちそうになったばかりか、
一緒に並んで座ったという非礼について詫びます。

クロエ
私は誰かにお茶を振る舞うことが大好きなんです。
だから、騎士たちとお茶を飲むことを許してくださいませんか。

クロエが丁寧にお願いしたことで、団長も心を打たれ、

クロエ
奥様お望みなら、お断りできませんね。
これから、部下たちが奥様とお茶を飲んでも罰したりはしません。

団長がクロエと話しをしたのは、謝罪のためだけではなく、
クロエが騎士団の間で話題となっているのが不思議だったからでした。

周囲の人間は侯爵夫人は欠点だらけだと言う。
しかし、根拠のない噂のようだ。

今日の出来事をアルフォンス公爵に報告すべきかと司令官は考えましたが、
以前アルフォンス公爵に「夫人のことを私にいちいち報告してくるな」と言われていたため、報告するのをやめました。公爵夫人 50 お茶レシピ

次の日、邸宅内では、騎士とクロエの仲の良さについて話題になっています。

騎士達は奥様に忠誠を誓っているから、奥様次第で騎士達が何でもするだろうと。

思惑が外れたコリン夫人は怒りに震えています。
何も知らないマリーは、コリン夫人に無邪気に「騎士団のおかげで危険な目に遭わなくてすんだ♪」と報告してきたからです。

クロエが無傷で戻ってきてしまい、逆にクロエの評判が上がってしまいました。

コリン夫人は危機感を募らせます。

 

公爵夫人 50 お茶レシピ

クロエの部屋では、マリーを呼び出しています。

クロエ
マリー、少し聞きたいのだけど、正直に答えてくれる?
では… 誰が北の森のことをあなたに教えたの?
スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

騎士団の3人組とは既に仲良しでしたが、今回の本部訪問を機に、他の騎士だけでなく、団長の心もがっしりとつかみました。

さて、無事に帰ってきたことでコリン夫人は苛立っていますが、マリーは口を割るのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました