翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・33話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

前回のあらすじ

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
公爵夫人 クロエ
恋愛経験はある。
あるけど…。
転生後、初めて公爵との夜に挑む。
アルフォンス
公爵 アルフォンス
おば様達に公爵の夜はすごいと噂されてた。
果たしてその実態は…?
騎士団3人・エリー
茶飲み友達
クロエ大好き集団。
クロエの屋敷内・茶飲み友達。
クロエのお茶が飲めることが至高の喜び

公爵夫人の50のお茶レシピ 33話ネタバレ

夜、クロエの部屋にアルフォンスが入ってきます。

クロエ
公爵様とは普段からよく会うのに、
どうしてこんなにドキドキするのかしら。

クロエを見て、アルフォンスは少し微笑みます。
そして、アルフォンスはクロエをベッドに腰掛けさせます。

アルフォンス

大丈夫ですか?

アルフォンスはクロエにそう言いつつ、クロエに顔を近づけベッドに体重をかけます。

クロエ

ええ

伏し目がちに顔を赤くしてうなずくクロエ

クロエ
この人は普段からこんなに可愛かっただろうか

クロエの頬に手を添えて、アルフォンスはキスをします。

クロエ
私にとっては、これが公爵様と初めてのキス

クロエはアルフォンスの肩に手を添え、そのまま抱き合い夜を過ごします。

公爵夫人の50のお茶レシピ

朝になり、アルフォンスの腕の中で目覚めるクロエ。

アルフォンスは既に目が覚めていてクロエに声をかけます。

クロエ

公爵様はよく眠れました?

にっこりとアルフォンスに微笑むクロエ。

クロエのあまりのかわいさに

クロエ

…もう一度するか

と真顔で考えます。

クロエ
いや、それはできない。
婚前契約書に、月一度だけと取り決めをしたのだった。

クロエが朝支度のために起きようとしますが、痛みが走ります。
心配するアルフォンス。

クロエ
動けません。
背中が、、いえ、全身が…。

そこで、医者に診てもらった結果、
突然激しい運動をしたことによる痛みとのことでした。
定期的に運動するよう言われたクロエ。
クロエは恥ずかしさで顔が真っ赤です。

医師が帰った後、この事件は屋敷中で話題になります。
公爵夫妻の関係が大きく変化したことは、屋敷の人間にとって暗黙の了解となりました。

公爵夫人の50のお茶レシピ

ティールームが完成してクロエはお披露目するために、アルフォンスと騎士団3人、エリーを招待しました。

ティールームは立派に仕上がり、騎士団たちは歓声を上げています。

アルフォンスもクロエにお祝いの言葉を言います。

クロエ
正直、ここで初めてお茶を飲むのに、
他の人を招待するとは思わなかった。

と、目が死んだアルフォンス。

表情に出ないもののがっかりしてそうです(笑)

クロエ

私があなたのために作ったティールームが
無事に完成してよかったです。
気に入りましたか?

クロエ
…なんか強調してるような気がするのは気のせいかしら??
クロエ

はい。とっても!!
ありがとうございます。

気づかないクロエ(笑)

ティールームで待つ皆に、クロエはティーセットを持ってきます。

クロエ

以前言っていたティーセットが完成したようだな。

エリー
いつものティーカップとは違うようですね。
これは、コーヒーカップですか?
クロエ

これは、帝国人が使いやすいように作られたお茶用品よ。

コーヒー用に似ているけれど違うところがあるの。

ティーカップは、コーヒーカップよりも幅が広くて、お茶の香りと独特の色を楽しむことができるわ。

縦長のコーヒーポットとは違って、ティーポットは茶葉がよくジャンピングしやすいように丸くなっているの。

そして、クロエがはカップにミルクティーを注ぎます。

紅茶にミルクと聞いて、馴染みがないジェイコブは躊躇します。

しかし、クロエの忠誠心ゆえ思い切って飲んでみます(笑)

その味はとてもおいしく、あまり褒めないアルフォンスですらも認める味でした。

クロエ

ミルクティーは私が大好きな紅茶なので、みなさんに紹介したかったんです。

そこで、アルフォンスはミルクティーも店で取り扱うことを提案します。

このミルクティーは、口当たりも良く、香り、紅茶の品質もいいので皆に受け入れられるはずです。

驚くクロエに、アルフォンスは真剣に言います。

クロエ

私は本気です。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

とうとう、クロエとアルフォンスが…!

もちろん二人は夫婦なので、以前から致していたのですが、転生後は初めてということですね。

アルフォンスもクロエを意識してからは初めてだったので、心を通わせてからは初めての夜ということになりますね。

クロエのあまりのかわいさに、もう一度したくなるくらいって笑いました。

それにしても、全身が痛くなるほどって…。

アルフォンスったら!!!

下世話な奥様方の噂を証明してしまいましたね。

私、この漫画を読んで初めてコーヒーカップとティーカップの違いを知りました。

恥ずかしい…。

タイトルとURLをコピーしました