翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・64話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 前回のあらすじ

ローズヒップで壊血病の治療方法を提案したクロエ。サンディの祖母も回復し、サンディの家には笑顔が戻りました。
翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・63話のネタバレと感想
ピッコマ連載中の公爵夫人の50のお茶レシピ63話の原作を翻訳したネタバレと感想です。

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
公爵夫人 クロエ
体力はやや弱
アルフォンス
公爵 アルフォンス
体力オバケ

公爵夫人の50のお茶レシピ 64話ネタバレ

アルフォンスが一緒に行きたい場所があるので出かけようとクロエを誘いました。

人があまり通った形跡がない、でこぼこの坂道でとても歩きづらい場所。
でもアルフォンスはこの場所に慣れているようで、すたすた歩きます。
クロエはドレス姿で、ついていくのに必死です。

クロエ
はぁ、はぁ…。
アルフォンス…
少し休憩しませんか?

岩にこしかけて一旦休憩。

アルフォンスはクロエを疲れさせてしまったことに、動揺しておろおろしています。

クロエ
こんなにうろたえてるアルフォンスは初めてだわ。
ちょっと可愛いかも…。

疲れているのに気づきませんでした。
配慮するべきでしたね、すみません。

しょんぼりしたアルフォンスに、クロエは気にすることないと答えます。

アルフォンスは、手に持っていたジャケットを羽織り、クロエに近づきます。

クロエ
嫌な予感がする

アルフォンスはクロエをお姫様抱っこで抱きあげます。

クロエ
きゃぁ~!!!
ま、まさか目的地までこのままのおつもりじゃ!?

もちろんです

クロエ
で…でも!アルフォンスも疲れますよ!!

そこまで言って、クロエはしまった!と口を抑えます。

クロエ
アルフォンスは自分の能力を低くみられることが嫌なんだった!
怒ってるわよね・・・?

恐る恐るアルフォンスを見上げると…

いえ。ご自分の目で確かめては。
疲れているように見えますか?

まさかの笑顔で応じるアルフォンス。

そしてクロエを抱えたまま坂道を行くアルフォンス。

クロエの軽さはまるで羽のようだと思っているアルフォンスに、疲れた様子はありません。

クロエ
体力があるのは知っていたけど、実際は想像以上ね。
ほんと、完璧な夫だわ。
スタミナは男性にとって重要だもの。

…と、ふと部屋で上半身裸のアルフォンスの姿を思い出すクロエ。

クロエ
やだ!私ったら!!

思わず夜の生活を連想してしまい赤くなるクロエでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ

そして、目的地に到着しクロエを降ろすアルフォンス。

そこは、夕日に輝き金色に咲き誇るバラと村が一望できる美しい場所でした。

クロエ
どうやってこんな場所を見つけたんですか?

偶然でした。

アルフォンスが子どものとき、父にも誰にも見つからない場所を求めて見つけた場所でした。

アルフォンスは今まで誰にもこの場所を教えたことがありません。

ここは私にとっては特別な場所なのです。

その言葉を聞き、クロエの心は温かい気持ちになります。

クロエ
ここに連れてきてくれた彼の顔は、とても美しく微笑んでる。
とても幸せそう。
こんな顔が見れるなんて、私も幸せだわ。

クロエは満面の笑顔をアルフォンスに向けます。

そして、アルフォンスはクロエの手を取り絶景の景色を二人で楽しむのでした。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

(2021.06.11追記)
単行本の発売が決まりました!現在Amazonなどで予約受付中です。

単行本の詳細は、下記の記事を参考にしてくださいね。

アルフォンスは、最初の頃は少しでも能力を疑われると不機嫌さを隠しきれなかったですが、もう「クロエなら何でも許しちゃう」モードですね!
父親ともこの別荘地に来たことがあったのでしょう。
父親からの抑制から逃れるために、少しでも安らげる場所を探して走り回ったアルフォンスを思うと…涙。
大切な場所を共有できるクロエがいてよかったですね。

タイトルとURLをコピーしました