翻訳)公爵夫人の50のお茶レシピ・63話のネタバレと感想

この記事はLee Jiha原作、Ant Studio作画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを行っています。
もともとは韓国のマンガサイトで公開されていて、Google翻訳さんの力で私的な解釈を加えてます。
そのためピッコマ連載と違うところもあると思います。(特に人名…)
大まかな流れを把握するくらいの広いお心でご覧ください。

日本語版「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマで独占配信中で、1日1話無料で読むことができます

ピッコマの「公爵夫人の50のお茶レシピ」の最新話は毎週木曜日に更新されています。

(2021.06.11追記)単行本の発売も決まりました!

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 前回のあらすじ

サンディの祖母が壊血病で苦しんでいることを知り、ローズヒップを勧めたクロエ。

クロエは領主の男爵にローズヒップを利用した事業を提案します。

これまでのネタバレ一覧は下記をご覧ください

公爵夫人の50のお茶レシピ 登場人物紹介

クロエ
公爵夫人 クロエ
前世の知識で問題を解決!
アルフォンス
公爵 アルフォンス
クロエの過労をひたすら心配
村の領主・男爵
男爵
観光客からの収入に頼り切りなのが悩み

公爵夫人の50のお茶レシピ 63話ネタバレ

次の日男爵夫妻をサンディの家に連れて行きました。

クロエの声を聞いて、サンディは飛び出して抱き着きます。

サンディ

ありがとう奥様!

おばあちゃんの歯ぐきから血が出なくなったの!

顔色も悪くないし、もう病人に見えないよ!

クロエ
まぁ!よかったわ!!
男爵
奥様、ひょっとして…
クロエ

ええ。この子のおばあ様は壊血病でした。

数日前、ローズヒップ渡したところ、おばあ様は快方に向かったのです。

そしてローズヒップの臨床試験を行い、有効性が証明されれば事業化することを男爵に提案します。

クロエ
バーテンベルグ家が販売と流通の担当をしましょう。
男爵

壊血病の治療薬がこんな目の前にあるなんて!

莫大な利益が見込めますよ!

今死の淵にいる壊血病患者にとって希望の光となります!

盛り上がるクロエと村長。

休ませるための休暇だったのに、結局仕事のことになってしまったな。
まぁいい。私が気を付けておこう

家の外が騒がしいので、サンディの父親が出てきました。

サンディの父親

なんだ、人の家で騒々しい。

…って、男爵ご夫妻じゃないですか。

失礼しました!!

男爵

私たちではなく、こちらの方々に挨拶しなさい。

公爵夫妻だ。

サンディの父親
こんな高貴な方がいらっしゃるなんて…
無礼をお許しください。
クロエ

気にしないでください。
男爵、お願いしたいことがあります。

サンディの父親をローズヒップの収穫要員として雇ってください。

サンディの父親をもう一度働けるようにしてほしいのです。

サンディ、どうかしら?

クロエの言葉に、サンディは目に涙をためます。

サンディ

はい!

事故の後、毎日落ち込んでいるのを見るのが辛かった。

貧乏でも幸せだったお父さんに戻ってきてほしかったけどどこかで諦めてた。

でも、やっぱり優しくて働き者だったお父さんに戻ってほしい!

サンディの言葉に、父親も胸が打たれます。

サンディの父親

こんな思いをさせるなんて、ふがいない父親です。

どうか私を雇ってください。

男爵に頭を下げます。

男爵
公爵夫人の頼みを断れるわけないだろう!
サンディの父親
ありがとうございます!
男爵
お礼を言うのは私ではなく、公爵夫人だ。
サンディの父親
ありがとうございます。生まれ変わります。
クロエ

もうサンディを悲しませたりさせないでね。

あなたがちゃんと働いているか、うちの人間を時々チェックしに行かせます。

サンディの父親
もちろんです!
男爵

彼女がバーテンベルク公爵家の妻なのも頷ける。

信じられないほど聡明だ。

後日、ローズヒップの臨床試験が行われ、効能の証明がされました。

こうして男爵は、ローズヒップの事業を拡大させることになりました。

バーテンベルク家が仲介を行い、壊血病の治療薬として本当に良く売れ沢山の命を救いました。

そして、サンディ達の小さな小屋に再び笑い声が溢れるようになったのです。

公爵夫人の50のお茶レシピ

サンディの家からの帰り道、馬車の中でアルフォンスが尋ねます。

ローズヒップが壊血病に聞くなんてどうやって知ったのですか?

クロエ
ぐ、偶然です!
子どもの頃、壊血病の孤児にローズヒップティーをあげたんです。
そしたら治っちゃって!!

苦しいかも、と思いながらも、目をぐるぐるさせて必死に言い訳をします。

本当にすばらしい発見ですよ。

皆があなたに感謝するでしょう。

アルフォンスの言葉に恥じ入るクロエ。

クロエ

ビタミンCが壊血病に効くのを発見したのは私じゃない。

罪悪感が残るのは、アルフォンスに嘘をついているから?

心配事はもう一つあります。

村にお酒が溢れて酔っぱらいがたくさんいたことです。

何かできることはないかと思案しますが、結局何も思いつきませんでした。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 管理人感想

(2021.06.11追記)
単行本の発売が決まりました!現在Amazonなどで予約受付中です。

単行本の詳細は、下記の記事を参考にしてくださいね。

クロエは、過去の楓の知識から壊血病の問題を解決しました。

しかし、自分の手柄ではないと後ろめたい気持ちになっているようです。

壊血病=ローズヒップ!と思いつくだけでもすごいことだと思いますが…。

そして、アルコール依存などの現代で問題解決していない事象については、クロエの力が及ばないです。

今後の伏線になるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました